CHECK

肩こりに悩まされている方必見!症状改善につながるお役立ち情報をご紹介!

このサイトでは肩こりに悩んでいる方のために、症状改善の方法について紹介しています。
痛みがひどくなる前に自宅でできるケアはもちろん、本当に困った時にどうすべきかなど参考にしてみましょう。
グッズを使うものもあれば、お風呂やベットの上で簡単に試せるものもあります。
もし、痛みで困ったことが今までにもあるなら是非いろいろな対処法を試してみてください。
まずは、気軽に試せる方法から挑戦してみることをお勧めします。

肩こりに悩まされている方必見!症状改善につながるお役立ち情報をご紹介!

肩こりの症状改善するためには、まず原因を考えることが大切です。
例えば、普段パソコンやスマホを使うことが多い場合は眼精疲労が原因となっている場合があります。
眼精疲労が原因の肩こりなら、まずは目の疲れをとることが大切です。
温かいタオルを目に当てて少し休むだけで、目の疲れが楽になります。
次に、眼精疲労でこりやすい首の後ろをマッサージするのも効果的です。
姿勢が悪くても、首に負担がかかって肩こりになることは珍しくありません。
この場合は、マッサージ前に腕を回すストレッチや運動が効果的です。
もし痛みがあまりにひどくなった時は、接骨院や整形外科で相談するのも手です。

肩こりは国民病?どれくらいの人が悩まされている?

外国人は「肩こり」を感じないという噂があり、日本人の肩こりは「国民病」などという風に言われていますが、実のところこれには語弊があるのです。
肩こりを英語にすると「Stiff Shoulder」ですが、欧米では「肩は痛くなることはあっても、こらない」と言われており、表現の違いから外国人は肩がこらないという誤解を生んでいるのです。
日本人の肩こりですが、アンケート調査の結果によると、肩凝りがないと答えた方は僅か10パーセントほどで、なんと9割以上の方が多少は凝りが気になっているか、酷い凝りを感じているようです。
そして凝りの原因を「スマートフォンやパソコンの操作」と答えている方がほとんどです。
スマホやパソコンを使用し、熱中しているとつい体が前かがみになり、姿勢が悪くなることでもつらい凝りのきっかけになっていきます。
多くの方がつらさを感じており、かつその原因を分かっていながらも対処できていないということになるのです。

肩こりは何故起こる?主な原因を知ろう!

肩こりが起こるのは何故かというと、肩から首にかけての筋肉が緊張を続けることで疲労物質が溜まってしまうことが原因になっています。
肩こりになると肩の周辺が硬くなって痛みを感じることもありますが、これは筋肉に疲労物質が溜まっているからです。
また、血行不良が影響して肩がこるという場合もあり、この場合は血行が悪くなることによって必要な量の酸素や栄養が届かないことで筋肉が疲労して硬くなり、こりを感じるという仕組みです。
肩こりは、悪い姿勢を続けていたり、長時間デスクワークを行って同じ姿勢のままでいたりする時に起こりやすいことが知られています。
他にも、常に体の同じ側に重いカバンをかけているなどのバランスの悪い姿勢でいることも肩がこる理由になります。
肩こりが起こる原因はその他にも多くあり、歯の噛み合わせが悪い人や寒い部屋にいて体が冷えている時、貧血や胃潰瘍などの病気が関係している場合もあるので、自分の肩がこっている時は何故なのかを考えてから対策をとるようにすると良いでしょう。

肩こりの裏には病気が潜んでいる可能性があるので注意!

「肩こりは万病のもと」と言われるほど、実は恐ろしい病気が潜んでいる可能性があるのです。
肩こりが酷くなっても放置してしまうという方は、自分に心当たりの兆候がないか、ぜひ確認されてみてください。
肩こりが酷いと頭痛やめまい、眼精疲労をもたらすことがありますが、多くの場合「肩こりのせいだな」と放置してしまっているでしょう。
ですが、肉体的な痛みだけではなく、肩凝りが慢性化することによって、精神的な不調が現れる場合もあるのです。
不調が悪化すると睡眠障害にまで繋がり、体と心のバランスが取れなくなって、次第にほかの病気にまで繋がってしまう可能性があります。
そのため、肩凝りが酷いなと感じた方は、一旦パソコンやスマホから距離を置いて、お風呂にでも使って疲れた体と心を癒しましょう。
家に浴槽がないという場合には気分転換に銭湯に行ってみたり、体を動かす散歩もおすすめです。
どうしても仕事が忙しくてパソコンから離れられないという場合でも、定期的に休憩をいれてください。

肩こりを放置するとどのような影響がある?

肩こりは年齢が上がるにつれ起こる頻度が増しますが、若い世代でも発症することがあります。
肩こりは内臓的な病気ではないので、痛くても市販の湿布薬を貼るなどして我慢をしてしまいますが、放置をしてしまった場合、様々な症状が全身に現れます。
肩こりが影響して起こる症状に頭痛があります。
慢性的に痛みが生じてくることが多く薬を服用して1時間ほどは痛みが軽減されますが、次第に痛くなり始め場合によってはめまいや吐き気を感じることも多いです。
手のしびれや耳鳴り、関節リウマチになる可能性もあり、さらに放置してしまうと自律神経失調症や胃がん、うつ病につながることもあります。
うつ病との関連性は近年注目されており、うつ病と診断された多くの人が首の部分に異常があり、首のこりや肩こりが起きていることがわかりました。
痛みを取り除く治療を行ったところうつ状態も消えています。
そのままにしておいても痛みがなくなるわけではないので、早期の治療が必要となります。

肩こりに関する情報サイト
肩こりの悩みを解決!

このサイトでは肩こりに悩んでいる方のために、症状改善の方法について紹介しています。
痛みがひどくなる前に自宅でできるケアはもちろん、本当に困った時にどうすべきかなど参考にしてみましょう。
グッズを使うものもあれば、お風呂やベットの上で簡単に試せるものもあります。
もし、痛みで困ったことが今までにもあるなら是非いろいろな対処法を試してみてください。
まずは、気軽に試せる方法から挑戦してみることをお勧めします。

Search